H26過去問 弁理士 論文 意匠法 【問題Ⅰ】 (2)

(2) 甲は、意匠イ及び意匠ロについて意匠登録を受けることができるか、また、乙及び丙は、意匠ハについて意匠登録を受けることができるか、それぞれ理由とともに説明せよ。

 文末処理は、「登録を受けることができる(できない)。」とします。

 意匠イ、ロ、ハ毎に、「(ⅰ)3条1項、2項→(ⅱ)9条」の順で要件検討をすると漏れなく流れも良くなります。なお、3条の2は、意匠イ、ロ、ハが全て「机」なので「一部」の可能性がなく検討する必要はありません。

 項目立て(答案構成)は、以下とすると良いでしょう。インデント(字下げ)もお忘れなく。

2.登録の可否

 (1)イについて、

  ①3条1項、2項

  ②9条

 (2)ロについて、

  ①3条1項、2項

  ②9条

 (3)ハについて、

  ①3条1項、2項

  ②9条


お問い合わせ先

目白ゼミナール 東京都 新宿区 (JR目白駅) 三菱東京UFJ銀行(取引銀行) info@mesemi.com