「第1回 再生医療等製品の特許権の存続期間検討WG」

2014年02月13日 18:47

 薬事法の改正に続き、存続期間の延長登録の対象が拡大(法改正)されることが決まりましたね。山中先生のiPS細胞の発明を契機に国を挙げての再生医療産業が本格始動ということでしょうか。

 弁理士の論文の勉強法としては、存続期間の延長の規定67条の2から68条の2までの復習をしておきましょう。H15年に過去問として出題されてから時間が経っていますので要注意です。 

 ちなみに、本WGの座長はかの有名な熊谷先生です。口述の試験では遭遇しなかったので、"生熊"見物を兼ねてWGを傍聴したかったのですが、結局時間がとれず...  (情報ソース

お問い合わせ先

目白ゼミナール 東京都 新宿区 (JR目白駅) 三菱東京UFJ銀行(取引銀行) info@mesemi.com