連合商標って何?(口述最終関連問題)

2015年01月19日 17:57

 H26口述の最終問題が「商標権の分割、移転」でした。

 商標権の「活用」に関する趣旨問題等、狙われる可能性が高いと思いますので、しっかり勉強しておきましょう。

 商標権者は自己の商標権を自由に「使用」「収益」「処分」することが可能です。移転は「処分」に該当し、現在では「自由移転」が認められています。昔は営業と分離した移転を禁止されていましたが、H8年法改正で「連合商標制度を廃止」し、自由移転を認めるとともに、弊害防止規定等が新設されています。

 過去の制度改正の出題可能性は高くはないと思いますが、青本にも連合商標制度の廃止理由、それに伴い新設した規定についての説明が残っていますので要注意です。

 皆さんにお馴染みの52条の2や24条の4だけでなく、50条のかっこ書き(社会通念上同一)も、H8改正で導入されています。

 不使用商標対策という理由からも、連合商標制度を廃止し、52条の2、24条の4、50条かっこ書きを新設した流れを押さえておくことが重要です。


*その他の「商標権の活用(収益・処分)」についての「学習ポイント」は、こちらを参照ください。
http://www.mesemi.com/h27%E8%AB%96%E6%96%87%E7%AA%81%E7%A0%B4%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88/

情報ソース
http://www.jpo.go.jp/torikumi/benrishi/benrishi2/h26_benrisi_oral_theme.htm
http://www.jpo.go.jp/shiryou/hourei/kakokai/pdf/cikujyoukaisetu19/syouhyou_all.p

お問い合わせ先

目白ゼミナール 東京都 新宿区 (JR目白駅) 三菱東京UFJ銀行(取引銀行) info@mesemi.com